雑誌 365 Art+ Magazine 第4号にグラフィックを掲載いただきました

- - posted in graphics, magazine

365 Art+ Magazine 第4号「365 Art+ Inspiration. Case 4」

雑誌 365 Art+ Magazine 第4号「365 Art+ Inspiration. Case 4」にグラフィックを掲載いただきました(P 30〜P 33 / 裏表紙)。

一昨年の暮れから約10年ぶりにグラフィック制作を再開し、暫くは新鮮で楽しい気持ちで制作していました。

しかし昨年の2月、東京の都心でコロナ禍へ向かう世界を目の当たりにし、アート・エンターテイメントの持つ意義と、己の無力さを痛感したのを覚えています。

それでも立ち上がろうと決意し「Bodhisattvas of the Earth / 地涌の手」というグラフィックを制作したのを皮切りに、おそらく神仏の目となり耳となり、そしてメッセンジャーと化すことに感謝と喜びを見出していました。

今年になり、人としての幸せを求めても善いのか、生きていても良いのか悩み苦しんでいた折、何故かこれまで感想をくださった方々のことが思い出され、みっともなく泣き崩れてしまいました。

自己満足で何の見返りも求めずひっそりと制作して参りましたが、同じ信念を持つ雑誌に出会うことができ、心から感謝しております。

私以外に素晴らしい人々と作品が多数掲載されていますので、是非お手に取って見ていただければ幸いです。

アートが人々の心に潤いを与え、一刻の安寧を齎さんことを祈っています。

My graphics were featured in the 4th issue of 365 Art+ Magazine ”365 Art+ Inspiration. Case 4” (P 30 - P 33 / back cover).

At the end of the year before last, I resumed graphic production for the first time in about 10 years, and for a while I was working with a fresh and joyful feeling.

However, in February of last year, I witnessed the world heading towards the Corona disaster in the heart of Tokyo, and I remember being painfully aware of the significance of art and entertainment, as well as my own helplessness.

Nevertheless, I decided to stand up and created a graphic work called ”Bodhisattvas of the Earth”, and since then, I have been grateful and happy to be the eyes, ears, and messenger of God and Buddha.

This year, as I was struggling with the question of whether it is good to seek happiness as a human being or to live, I somehow remembered the people who had given me feedback, and I broke down in tears.

I’ve been quietly creating graphics for my own satisfaction, seeking nothing in return, but I’m so grateful to have found a magazine that shares my beliefs.

I hope you will take a look at the many wonderful people and their works in the magazine.

I hope that the art in this magazine will enrich people’s hearts and bring them a moment of peace.

公式ストア・公式サイト

<