Collaboration With Junichi Takahashi Vol.2

- - posted in collaboration, graphics

Collaboration with Junichi Takahashi Vol.1 『Vaski』

写真家 たかはしじゅんいち氏とのコラボレーション制作、第2作目のグラフィックです。

作業を始めるにあたり戴いた写真は初めて見るもので、人物の目にフォーカスを当て、肌の生々しさを残した印象強いものでした。最初は画面の中の人物としきりに目が合うので Webカメラがある時のように色々と気を付けましたが、加工の過程で本当は非常に優しい目をしていることに気が付きました。

頭の中に浮かんでいたテーマが”瞳術”であったのと、写真の印象からなんとなく蛇を想像し、八岐大蛇など古来の蛇に纏わる挿話を辿っていくと、伝承でも写真の人物と同じく目の周りが赤いとあったので、ストレートにイメージ通りの表現ができました。

生きた対象を生きたまま取り扱う上で必要なのは、無心の状態や静かな波のようなものの揺れ、または微塵も妥協を許さない礼儀や愛着だと教えられました。

JUNICHI TAKAHASHI Web Portfolio

写真家 たかはし じゅんいち | Junichi Takahashi

新潟県新潟市出身。写真家・立木義浩に師事。1988年、フリーランスの写真家として独立、翌年よりNew Yorkに拠点を置く。2004年からは東京にも拠点を置き、国内活動を積極的に展開。以来NY&東京の2重(住?)生活をしている。今年は活動20周年、来年は渡米20周年を迎える。

ポートレイトを中心に、広告、音楽、ビューティー、雑誌等において幅広く活動。1995年からは世界的エンターテインメント集団「STOMP」のオフィシャルフォトグラファーを務め、Jennifer Lopez、Maxwell、Baby Face、Marc Anthonyなどミュージシャン達のCDジャケットや雑誌掲載写真を撮り下ろす。2002年2月には、坂本龍一氏によるプロジェクト「Elephantism」撮影のためにケニアへ。最近では、宮本亜門氏演出の舞台「トゥーランドット」のポスタービジュアルほか、Johnson& Johnson「ワンデーアキュビュー」等の広告写真を手がける。

1995年からのライフワークとして、NYの伝説的ホテル Chelsea hotelの住人達をはじめ、アーティスト・ポートレートの撮影は現在も続行中。撮影旅行は、ペルー、ネパール、南アフリカ、アイルランド、ケニヤ、英国、トルコ、ギリシャ、 etc. “日本在住写真家”として、“NY在住フォトグラファー”として、国境を越えた活動を展開、常に世界を移動し続けている。

公園で鳩の動きを観察している時に気づいたことのひとつとして、”瞳術”というのは現代風に言い換えれば経験則や統計学の延長で、裏には無数の情報や数式が走っているのではないかというのがある。

例えば石畳の上を歩いている鳩の踏まないタイルを予測する場合、自分の場合だと額から斜め上の位置から俯瞰するように、視界のぼけた状態で見た時によく当たる。人によって方法は千差万別だが、誰でも試みを繰り返すたびに当たる確率は増していくと思う。人間は自然と視覚にあまり頼らないところで鳩の歩いてきた軌跡を記憶しているからかもしれない。

人間は赤ん坊なった時点で世界の大部分を視覚で認識しているかのように感じざるを得ないし、人と人の存在を繋ぐ最も手近な感覚が視覚であることから、力の方向や媒介が何であっても恰も目で何か行ったように錯覚するのではないだろうか。

しかし本来は恐らく波の流れのようなものや場の状態が要で、誰でも無意識下にバックグラウンドに潜むものは感知し得るはずなので、せめて普段から何もしていない時でもよい状態をキープしたいと最近よく考えている。

<