Collaboration With Junichi Takahashi Vol.3

- - posted in collaboration, graphics

Collaboration with Junichi Takahashi Vol.3 『素盞嗚尊』

写真家 たかはしじゅんいち氏とのコラボレーション制作、第3作目のグラフィックです。

既に世界観が確立されていた写真だったため、その質感を残すことに気をつけつつ、日本のカラーをテーマに制作しました。オリジナルを上回れるかの不安から、これまでの3倍近い期間を色調や細部の詰めの作業に費やして、結果的に自分の持つ美しさの限界点/飽和点が日々少しずつ引き上げられていく感じがしました。

元となった写真は、下記 たかはしじゅんいち氏のポートフォリオサイト、[Home / Gallery / Fashion] のコンテンツに掲載されていますので、是非ご覧ください。

JUNICHI TAKAHASHI Web Portfolio

写真家 たかはし じゅんいち | Junichi Takahashi

新潟県新潟市出身。写真家・立木義浩に師事。1988年、フリーランスの写真家として独立、翌年よりNew Yorkに拠点を置く。2004年からは東京にも拠点を置き、国内活動を積極的に展開。以来NY&東京の2重(住?)生活をしている。今年は活動20周年、来年は渡米20周年を迎える。

ポートレイトを中心に、広告、音楽、ビューティー、雑誌等において幅広く活動。1995年からは世界的エンターテインメント集団「STOMP」のオフィシャルフォトグラファーを務め、Jennifer Lopez、Maxwell、Baby Face、Marc Anthonyなどミュージシャン達のCDジャケットや雑誌掲載写真を撮り下ろす。2002年2月には、坂本龍一氏によるプロジェクト「Elephantism」撮影のためにケニアへ。最近では、宮本亜門氏演出の舞台「トゥーランドット」のポスタービジュアルほか、Johnson& Johnson「ワンデーアキュビュー」等の広告写真を手がける。

1995年からのライフワークとして、NYの伝説的ホテル Chelsea hotelの住人達をはじめ、アーティスト・ポートレートの撮影は現在も続行中。撮影旅行は、ペルー、ネパール、南アフリカ、アイルランド、ケニヤ、英国、トルコ、ギリシャ、 etc. “日本在住写真家”として、“NY在住フォトグラファー”として、国境を越えた活動を展開、常に世界を移動し続けている。

このグラフィックを作り始めた日に不思議な夢を見た。天体がいくつかある宇宙を上方のガラスの内側から数人の男女が見下ろしていて、天体の中では高速に時間が進み、火山の中を巨大な女性が歩き回っては、上方に戻りその感想を伝え合っている夢だった。

想像の産物ながらミニョン妄想の顕れになるので恥ずかしくて書くのも躊躇われたが、あんまり象徴的で面白い夢だったのでメモしておいた。ちなみに女性が着ている服は、グラフィックの人物の周りにある赤と金の色をした柄だった。ヒントになった。

<