Collaboration With Junichi Takahashi Vol.4.5 『万華鏡の覗き目』

- - posted in collaboration, graphics

Collaboration with Junichi Takahashi Vol.4.5 『万華鏡の覗き目』

写真家 たかはし じゅんいち氏とのコラボレーション制作、第4作目のA3リタッチ版です。

今年は朝方~夕方までの作業が多かったのですが、今回は思うところあって夜に作業していました。夜の方が考えるより先に手が動く回数が多いように感じます。配色の作業が楽しく、あとは花を何十枚も複製して削っていく作業が大部分でした。部屋の空気や時間の流れ方が何より貴重で醍醐味です。

自発的に新しいことを吸収し始めたからか、今年はこれまでの蓄積が一旦ゼロになり、うまく言えないのですが頭の中でキーとなる数字が分解不能なものになった感じでした。これまでと勝手が違い、何でできないんだと狼狽することの連続でしたが、最近構築したい世界観やその性質を思い出し、次のものに取り掛かるのが楽しみです。

例えば呼吸の一環として正しい造りの歌は聴いていて心地よく、そういうのが原点で今となっては理想なんだろうと思います。

JUNICHI TAKAHASHI Web Portfolio

写真家 たかはし じゅんいち | Junichi Takahashi

新潟県新潟市出身。写真家・立木義浩に師事。1988年、フリーランスの写真家として独立、翌年よりNew Yorkに拠点を置く。2004年からは東京にも拠点を置き、国内活動を積極的に展開。以来NY&東京の2重(住?)生活をしている。今年は活動20周年、来年は渡米20周年を迎える。

ポートレイトを中心に、広告、音楽、ビューティー、雑誌等において幅広く活動。1995年からは世界的エンターテインメント集団「STOMP」のオフィシャルフォトグラファーを務め、Jennifer Lopez、Maxwell、Baby Face、Marc Anthonyなどミュージシャン達のCDジャケットや雑誌掲載写真を撮り下ろす。2002年2月には、坂本龍一氏によるプロジェクト「Elephantism」撮影のためにケニアへ。最近では、宮本亜門氏演出の舞台「トゥーランドット」のポスタービジュアルほか、Johnson& Johnson「ワンデーアキュビュー」等の広告写真を手がける。

1995年からのライフワークとして、NYの伝説的ホテル Chelsea hotelの住人達をはじめ、アーティスト・ポートレートの撮影は現在も続行中。撮影旅行は、ペルー、ネパール、南アフリカ、アイルランド、ケニヤ、英国、トルコ、ギリシャ、 etc. “日本在住写真家”として、“NY在住フォトグラファー”として、国境を越えた活動を展開、常に世界を移動し続けている。

<